HOME | 女の子のドレス | 大人女性のドレス | 男の子の衣装 | 衣装小物
音楽と衣装の関係

演奏曲目に合わせたドレス選び


自宅での練習と違い、発表会やコンクール、コンサートでは、お客様の前で演奏しますので、演奏の音だけではなく、弾いている方の姿も見られていることになります。 そのため、演奏する曲に合ったドレスを着ますと、演奏ととてもマッチして一体感が感じられます。

例えば、プロの演奏家などは、バッハやベートーヴェンの曲を演奏する際に白系のドレスは着ませんし、逆にドビュッシーやラヴェルの曲を演奏する際には、黒など濃い色のドレスを着ることは少ないでしょう。それは、演奏する曲と衣装が合わず、違和感があるためです。

全般的に、ワルツなどのかわいらしい曲(小さなお子様が弾くような曲からショパンのワルツなど)や軽快な曲(モーツァルトの明るい曲など)の場合には、 パステルカラーのドレスや、シフォンやオーガンジーのような生地で、裾がふわっとしているドレスがよく合います。


ドビュッシーなどフランスの作曲家の曲にも、このようなかわいらしいドレスが合います。

同じフランスの作曲家でも、ラヴェルなど少しキラキラした感じの曲や、また水にちなんだ曲の場合には、ラメやスパンコールが入っているドレスなどが合うのではないでしょうか。


逆に、バッハやベートーヴェン、ブラームスなどドイツの作曲家の曲や、チャイコフスキーやラフマニノフなどロシアの作曲家の曲の場合には、 はっきりした色や渋めの色合いのドレス、重厚感のある生地のドレスがピッタリです。

これらの作曲家の作品は、音楽の内容や音色が太くて重厚感があり、落ち着いた曲が多いので、シフォンなどふわふわした生地や、白・ピンク・水色系などのパステルカラーのドレスは、 音楽と合わず見ていて違和感を感じるものです。


黒いドレスの場合でも、ドレスの素材はわかってしまいますので気を付けましょう。


演奏する曲の雰囲気にあったドレスを選びましょう。





女の子のドレス ランキング:楽天

スポンサード リンク


PR
スポンサード リンク