HOME | 女の子のドレス | 大人女性のドレス | 男の子の衣装 | 衣装小物
発表会には服だけでなく靴も

発表会に向く靴


ピアノの発表会や演奏会の場合、服と同じくらい大切なものがあります。それは、靴です。

普段の生活では、靴に対して気にする点は、サイズやデザインなどだと思います。あとは、その日の服に合うかという点もありますね。

しかし、ピアノの発表会では、もう一つとても大切なポイントがあります。 それは、ペダルのコントロールが自由自在にできるのかという点です。

底が硬すぎますと、ペダルの感覚が掴みにくくなりますし、ヒールの大きさや高さもペダルのコントロールに大いに影響します。 つま先が長すぎてペダルが踏めないこともあります。 事前にちゃんとチェックをしないと大変なことになりますので、注意しましょう。



特に、かかと部分が細いピンヒールは、足が安定しないので避けた方が良いでしょう。

また、「それならば、普段履いている靴を・・・」と思ってしまいますが、これも避けた方がよいと思います。

ロングドレスを着ていても、歩いているときにドレスの裾をちょっと持ち上げただけで、結構靴が見えます。 しかも、ロングドレスに慣れていないせいか、裾を必要以上にたくしあげる方が多いので、ご自身が思っている以上に靴が見えているものです。

素敵なロングドレスを着ているのに、普段の靴と靴下が見えてしまうと台無しです。

女の子の場合、夏の発表会などにサンダルで出演される方もいますが、やはり足だけカジュアルになってしまいアンバランスとなります。 特に、お子様はドレスを着ても足は丸見えなので、靴選びにも気を付けるようにしましょう。


ピアノの発表会やコンサートで使う靴を買うときには、ためし履きの時に歩くだけでなく、ペダルを踏む確認もしましょう。





女の子のドレス ランキング:楽天

スポンサード リンク


PR
スポンサード リンク